T E L047-325-0281

オンライン予約

09:30-12:30 / 15:00-18:00

    09:30-12:30 / 15:00-19:00

    09:30-14:00

    09:30-12:30 / 15:00-19:00

乳がん検診

乳がん検診って今すぐ必要なの?

市川乳腺クリニック、院長の小石彩です。
乳がんに限ったことではありませんが、身近な人ががんになったり、よほど気になる自覚症状がない場合、ご自身ががんになるという想像はしづらいですよね。
あるいは、自分ががんに・・・という想像をつい避けてしまうことが多いと思います。

しかし今の時代、2人に1人はがんになる時代だといわれています。特に乳がんは、女性の中では一番多くの方がなる病気です。昨年2018年では乳がんによる死亡数は約14,000人となっており、30~64歳の方では死亡原因の1位になっています。多くの乳がんは、早めに見つけてちゃんとした治療をすれば治る病気ですが、日本の乳がん検診の受診率はいまだ高くなく、受診率の低さが、死亡率を下げる妨げになっているといわれています。乳がんを早く見つけるには、定期的な自己触診と定期的な検診が必要です。“乳がん検診を受けたことがない方は一度お早めに”“今までも受けてこられている方は継続的に”、乳がん検診を身近なものとして受けていただきたいと思っております。

初期の乳がんには目立った自覚症状がありません。「早期発見・早期治療が重要、けれど初期には自覚症状がない」だからこそ、当院のように日本乳癌学会専門医がいるクリニックで乳がん検診を受けられることをお勧めしたいのです。

気になる症状がある、あるいは漠然とした不安をお持ちの方であれば、まずは乳腺外来にお越しいただければ、何でもご相談にのらせていただきます。乳がん検診についても、詳しく丁寧にご案内いたします。ぜひ安心してお任せください。

乳がん検診って実際には何をするの?

視・触診

その名の通り、まずは乳房を目で視て・直接触れて確認します。
これはご自身で行うセルフチェックと同様です。
しかし大きく違うのは、それを専門医が行う点です。極めて健康な方から乳房にかかった方まで、これまで数限りない乳房を視て、触ってきました。乳がんを見つけるための基本となる視・触診を、専門医である私が、同じ女性としてしっかりと行います。

マンモグラフィ検査

ここ数年テレビの乳がん特集などでよく聞く名前だと思います。
マンモグラフィは、乳房専用のレントゲン装置のことです。乳房は柔らかい組織できているので、専用のレントゲン装置による撮影が必要になります。乳房を左右片方ずつ、良い画像を得るために乳房を引っ張ってアクリル樹脂板で挟み、薄く均一な厚みにして撮影します。
撮影時に多少の圧迫感を感じることはありますが、撮影はすぐに終ります。巷で言われているようなひどい痛みはありませんので安心してください。

痛みが怖い方は、技師やナースがお話を聞いたうえで対応いたしますので、遠慮なくご相談ください。
検診として唯一死亡率を下げる効果が証明されている検査です。
乳房内の病気をみるための基本的な検査となりますが、ご年齢(お若い方)や乳房の状況により行わないこともあります。

超音波検査(エコー検査)

乳房に超音波を当て、乳房内部からはね返ってくる反射波(エコー)を画像化することで乳腺の状態を調べる検査です。
長年診察を行っていると、超音波検査は痛みがないから気軽に受けられるというお声をよくいただきます。その通りだと思います。40歳以上の検診としてはマンモグラフィが適切ですが、30代や40歳以上でもマンモグラフィ検診が無い年などにすすんで受けることをお勧めいたします。

マンモグラフィ検査と超音波検査は同時に。検診としては隔年でも。

マンモグラフィ検査と超音波検査は、どちらも優れた検査方法ではありますが、それぞれに特徴や得手不得手があります。ですから乳がんの早期発見のためには、どちらか一方ではなくできれば両方一緒に受けていただくことをお勧めしています。

乳房は主に乳腺と脂肪から成っており、マンモグラフィで撮影すると乳腺は白く、脂肪は黒く映り、白い部分が多い方ほど乳腺濃度が高いということになります。これを高濃度乳房といい、若い方ほどその割合が高くなります。乳腺は年をとると脂肪に置き換わっていきますが、日本人の乳がん発症年齢は欧米に比べ若年であることから、高濃度乳房のなかに乳がんができると、マンモグラフィのみでは見つけにくいことがあるのです。マンモグラフィでは乳がんも白く映るので、高濃度乳腺の方は白い雪山のなかの白いウサギを探すようなイメージとなります。
高濃度乳房であること自体は病気ではなく、あくまで体質なので気にされることはありませんが、マンモグラフィ検査では乳がん(しこり)がうまく映らないことがあるので、超音波検査を一緒に受けていただくことにより、見落としなく乳がんを早期に発見することができるようになります。

市川市の乳がん検診について

市川市の乳がん検診をご希望の方は、当院にて受診いただけます。
平野胃腸・乳腺クリニックにて市川市の乳がん検診を受けられていた方も、副院長だった私「小石 彩」が院長を務めておりますので、これまで同様、安心して「市川乳腺クリニック」へお越しください。
市川市の乳がん検診は、お手元に受診券が届いた方から市川乳腺クリニックへ!

検診の対象となる方

30歳以上の市川市に住民登録のある女性の方(2020年3月31日時点で30歳以上の方)。
尚、下記以下のいずれかに該当する方はご遠慮下さい。

  • 勤務先等で受診機会のある方
  • 医療機関で経過観察中の方
  • 自覚症状のある方

自覚症状のある方は、検診ではなく“乳腺外来を受診”してください。
その症状が乳がんによるものなのか、何か他の病気によるものなのか、あるいは問題のないものなのか、しっかりと拝見した上で皆さんの不安を解消いたしますので、どうぞ安心して乳腺外来にお越しください。

検査項目

30歳代で偶数年齢の方は「超音波検査」
集団検診です。当クリニックでは市川市のエコー検査はお受けできません。

40歳以上で偶数年齢の方は「マンモグラフィ検査」
当クリニックでお受けいただけます。

検診費用

自己負担は、600円です。
尚、下記のいずれかに該当する方は無料となります。

  • 70歳以上の方
  • 後期高齢者医療被保険者
  • 同じ世帯の中で住民税課税者が一人もいない方

受診方法などがよく分からないという方へ

まずは、受付にてご相談ください。
当院では、市川市の乳がん検診に限らず、全ての女性に乳がんを、乳がん検診を身近なものとしてとらえていただき、ともすれば毎年の恒例行事のように、あるいは少なくとも2年に1回は受診されるのが当然と思って気軽に当院へお越しいただけるよう、可能な限るご質問・ご相談を承りたいと考えておりますので、どうぞご遠慮なく、医師・スタッフへお声掛けください。

尚、市川市のホームページにも詳しい内容が記載されていますので、よろしければご覧になってみてください。

》市川市のホームページ(乳がん検診について)はこちらから

当院の自費検診の金額

マンモグラフィ検診:8,500円(税別)
エコー検診:7,500円(税別)
(市川市のマンモグラフィと同時に受ける場合、4,500円+市川市のマンモグラフィ自己負担分(600円もしくは無料)となります。)
マンモグラフィ+エコー:13,000円(税別)
いずれも触診を行います。

クリニック概要

クリニック名
市川乳腺クリニック
住 所
千葉県市川市市川2-1-4 Wakoukai Bldg.5F
TEL
047-325-0281
診療予約受付はこちらから→
09:30-12:30
15:00-18:00

15:00~19:00 
09:30~14:00(ただし不定期に休診日あり)
※ 受付は診察終了の30分前までとなります。
休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

地図

Pコインパーキングは有料です。

JR市川駅徒歩1分